見つけやすくてわかりやすい!パッケージデザインの基本に関してくわしく紹介

パッケージデザインを作るときには、商品のイメージを瞬時に考えることができるものそして使いやすさを考えることが大切です。食品などのパッケージデザインの場合、同じような食品がお店に多数並んでいるためいつも使っているものを利用したい人は見つけやすいものが好まれます。また、最近は生活の中で分別やリサイクルのことも求められることから、パッケージデザインを作るときには使い終えた後の分別のしやすいものが喜ばれます。

パッケージデザインで得られる効果

パッケージデザインが売り上げアップに効果的な理由は、商品を買うときに最初に目にするのがパッケージだからです。良いデザインは人々の注意を引き、商品を手に取ってもらうきっかけになります。カラフルで目を引くデザインや、おしゃれでスタイリッシュなパッケージは他の商品と比べて目立ち、人々の興味を惹きます。 また、パッケージはその商品の「顔」のようなものです。デザインによって商品が高品質であることや、特定の価値(例えばエコフレンドリーであることや、ラグジュアリーな感じなど)を伝えることができます。シンプルで洗練されたデザインは高級感を、明るく楽しいデザインは親しみやすさを表現できます。 さらに、パッケージデザインは商品の情報を伝える役割も持っています。成分や使い方生産国などの重要な情報を、読みやすく理解しやすい方法で表示することが大切です。 独特の形や特別な機能を持つパッケージは、人々の間で話題になりやすく商品の宣伝効果を高めることができます。

パッケージデザインの目的は商品を認識してもらうこと

商品が上手く売れなくて苦戦している企業は、パッケージからこだわってみることをおすすめします。まずは商品自体を知ってもらうことから始めなければいけません。パッケージデザインの目的は商品のことを認識してもらうことなので、いくら優れた製品を生み出すことができても印象に残らないパッケージでは思うような売り上げは期待できません。 パッケージデザインは自社で制作するより、専門のデザイン制作会社に依頼するべきです。売り上げをアップに繋がるデザインのノウハウを持っているので、依頼してみるメリットが大いにあります。依頼する業者も様々なところがあるので、よく調べた上で自社にマッチしているところを選ぶことが重要です。費用が安いだけで決めるのは評価できないです。安く抑えることができるのは魅力に感じるかもしれませんが、パッケージデザインの目的を忘れてはいけません。多少費用がかかっても、クオリティの高いパッケージデザインを制作してくれることを重視してください。

パッケージデザインで購買意欲を刺激するためのコツ

奪い意欲を刺激するためのパッケージデザインを作るためには、いくつかのコツを抑えることが大切です。視認性や視覚的な引き付け、ブランドの一貫性、ユーザーエクスペリエンスなどが主なポイントになるでしょう。パッケージデザインでは、商品が棚に並べたときに目につくようにデザインが行われます。ユニークな形状や鮮やかな色、洗練されたグラフィックなどは他の商品との差を作り、人の目を惹きつけてくれます。ブランドのロゴや色、フォントなどは一貫して使用するのが通例です。こうすることでブランドの認知度を高め、消費者に慣れ親しんでもらうことができるようになっています。好みのブランドの場合、消費者の購買意欲を高めることも可能です。パッケージを開封する体験も重要な要素となっており、商品の使い方や開封手順を直感的に理解できるパッケージデザインが必要です。使い捨て可能なパッケージと一緒に商品が提供されている場合なども、ユーザーエクスペリエンスに配慮したパッケージデザインが求められます。

目立つだけのパッケージデザインがダメな理由

商品をより魅力的に見せるデザインのことをパッケージデザインと言い、これが優れているかどうかによって売り上げに影響するのでとても重要な要素となります。 そういったこともありパッケージデザインを重視している企業が沢山ありますが、単に目立つだけでは意味がなく売り上げに直結しないことも多いのでこの点に関しては十分に注意する必要があります。 鮮やかな色彩や興味を引くデザインはお客さんの心を引き寄せ購買意欲を高めますが、販売する商品との整合性が取れていないと違和感を感じてしまうこともあります。 そのため商品と上手く調和しているように工夫をする必要がありますし、ターゲットの分析やコンセプトの分析、視覚的な統一感など様々な要素を考えた上で作り出すことが大切です。 このようにパッケージデザインは目立つだけでは意味がなく商品との整合性が取れていて購買意欲を高めるように作る必要があるので、この点を考えた上でパッケージデザインの製作に当たるようにした方が良いです。

マーケティングが考えるパッケージデザインの注目点

パッケージデザインとマーケティングは切っても切れない関係です。マーケティングの視点からパッケージデザインの注目点を考えた場合、成功するためにはいくつかのポイントを挙げることができるでしょう。例えばターゲット市場の理解は双方において重要な要素となっています。パッケージデザインは、製品を購買するであろうターゲットのニーズや市場に合わせて構築されあることが重要です。ターゲットの好みやライフスタイル、価値観などを理解し、それに基づいてデザインを選定していきます。パッケージは消費者の視線を惹きつけ、商品を際立たせる効果があります。目を惹く形や色、ロゴやグラフィックによって競合製品との差別化を図ることも可能です。また、パッケージデザインでは商品の利点や特徴を明確に伝えることが求められます。一番の強みやユニークなポイントを全面に出し、デザインにも組み込むことで、視覚的に際出させることができるようになっています。

一目で製品がわかるパッケージデザイン

一目で製品がわかるパッケージデザインは、シンプルで明確な要素を備えているのが特徴です。製品の本質を示すアイコンやイラストをはじめとしたグラフィックスが効果的に使われており、一目でわかるパッケージでサインに仕上げられています。グラフィックを通して製品の特徴や用途を伝えることができれば、さらに効果的でしょう。パッケージデザインに色鮮やかな色彩が使われていれば、人の目を惹きつけるために役立ちます。適切な色の組み合わせにより、どんな製品なのかを予想させることもできるようになっています。また、パッケージデザインで使用されるテキストは、簡潔かつわかりやすいことが重要です。パッケージの小さな面積に多くの文字を記載してしまうと、読みにくさを与えてしまいます。視認性の高いフォントを使い、文字のサイズまで慎重に選択することが大切になっています。パッケージデザインにより、製品の価値をさらに高めることも可能です。

パッケージデザインで伝えるべき商品の魅力

パッケージデザインは、商品の魅力を効果的に伝えるための重要な手段です。商品にユニークな特徴がある場合、そのメリットなどをパッケージデザインで強調することも可能です。色や色彩、アイコン、あるいは特定のグラフィックなどを使って表現することができます。商品の質が高い場合には、視覚的に伝えるデザインも有用です。質感のある素材や高級感を感じさせる色、デザイン要素を取り入れてパッケージデザインを行います。また、鮮やかな色彩は人の注意を惹き、消費者の視線を惹きつけることができるようになっています。商品に興味を持ったもらうためのブランドカラーに消したり、性質に見合った色彩を選択したりと活用することが可能です。パッケージでは、商品の背後にあるストーリーを表現することもできます。起源や製造過程、どこでどのような人が作っているかなど、消費者の感情移入を促す要素を組み込むことでさらなる魅力を高めることも重要です。

環境を意識したパッケージデザイン

環境を意識しtパッケージデザインでは、製品のパッケージングにおいて環境への影響を最小限に抑え、持続可能性を考慮したアプローチを展開します。このアプローチでは製品のライフサイクル全体を見据え、生産から廃棄に至る全ての段階で、自然への負荷を軽減することを目指す例が増えています。例えばパッケージデザインにおいて、リサイクル可能な素材を使用することも重要になるでしょう。再生できる資源などを利用することで、廃棄物の削減やリサイクルを効果的に行うことができるようになっています。過剰な放送や余分な素材の使用を避ければ、必要最小限のしで製品のパッケージデザインを行うことも可能です。これにより廃棄物の削減と資源の節約が行えます。また、パッケージデザインで製品の輸送時に必要なスペースを削減し、輸送効率を向上させることもできるようになっています。効率的な輸送により、二酸化炭素排出の低減へとつなげることも可能です。

パッケージデザインを変えるときの注意点

パッケージデザインを従来のものから変えるときには、慎重な計画と調査が必要です。顧客にとってパッケージデザインは商品を見つけるための大切な目印であり、人によっては慣れ親しんだデザインが変わることを好まない可能性があります。できるだけスムーズに新しいパッケージデザインを受け入れてもらうためには、いくつかの注意点を確認しながら計画を進める必要があるでしょう。まずは既存の顧客やターゲット層に対して、調査やフィードバックを行います。顧客の意見やニーズに基づいて、デザインの変更を行います。パッケージデザインの変更は、ブランドイメージにも影響を与える要素です。ウラン殿アイデンティティや価値観を損なわないように心がけ、新しいデザインが整合性を持つように注意します。また、競合他社の動向を分析し、他の製品と差別化できるデザインを目指すことも重要です。出来上がった新デザインは消費視野に店、その印象などを確認する必要もあります。

名古屋 パッケージデザインに関する情報サイト
売れる!パッケージデザイン

このサイトでは、商品パッケージのデザイン制作に関する基本を分かりやすくご紹介しています。商品パッケージは消費者に訴求してそれを手に取って貰うための役割がありますので、他の商品との差別化を考えることも大切です。他の商品とは違って見つけやすい、このような要素を持たせることで訴求の効果もアップします。なお、ここではパッケージデザインで必ず表示が必要な項目のことや、パッケージのデザインは材質に左右されるなどの基本をご紹介します。

Search